読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i-link-uマガジン

KEEP Different, and Find Yourself in Diversity. 『ちがう』こと、多様性は可能性。出会い、恋し、遊び、学び、働く!

【過去のユニコン シリーズ第2弾!】

今回は第2弾と題して、ユニコン@横浜の様子をご紹介したいと思います。

------------

横浜ってどんな場所?

f:id:ttomochi750:20160722140213j:plain

f:id:ttomochi750:20160722140239j:plainf:id:ttomochi750:20160722140325j:plain

 

横浜は、横浜中華街をはじめ文化や歴史を体験できる場所や、赤レンガ倉庫などがあります。

若者がデートやお出かけ先としてよく使っていますが、遊園地もあり、若者だけではなく家族連れでも訪れやすい場所がたくさんあります。

------------

文化や歴史、若者や家族、多くの人が訪れる横浜でユニコン開催

 

f:id:ttomochi750:20160722140441j:plain

 

写真は第10回の開催の様子です。

 集合場所は桜木町車いすユーザーの方や耳の聞こえない方など、様々な背景を持った参加者が6名集まりました。スタッフが自己紹介する時、手話のできる参加者さんが通訳してくれる。そんな光景もユニコンならでは!

 

自己紹介を終えてからは、横浜に詳しいガイドさんと一緒にまち歩き。ガイドをしてくださった坂口さん(写真3枚目)は、生まれも育ちも横浜、そして現在mass×massにオフィスを構えて働いており、横浜のことなら何でも知ってる横浜博士です。

 

そんな、横浜博士だからこそ知っている横浜の情報を聞き、参加してくださった方々も「知らなかった、知ってるつもりだったけど、まだまだ魅力がたくさんあるんですね」とおっしゃっていました。

 

その後、まち歩きを終えてmass×massに到着。ここからは臨床美術士の西野さんによるアートなワークショップ。

まず、みんなで大きな机を囲み、白い紙を広げます。なにをするんだろう、ワクワク。

 

白い紙の上にボタンを散りばめていきます。そのボタンをすり抜けるように線を引き、互いの線が重なり交差し、ひとつのアート作品になっていきます。

終盤に、参加して下さった方の提案で、みんなで線をつないで一本の線を作りました。白い紙から繋いだアートは、その日その場にいた方々だからこそできた作品でした!

一体感の生まれたワークショップになりました。

f:id:ttomochi750:20160722140832j:plain

写真はユニコン後、スタッフも参加して下さった方も一緒に懇親会をした時の1枚。

 

今後も参加して下さった方がわくわくして頂けるようなユニコンにしていきたいと思います。

------------

今後のユニコン開催情報!

7月31日 (日)ユニコン@海の家〜夏の鎌倉、海を眺めてBBQ〜

8月6・7日 (土・日)ユニコンin仙台(内容未定)

上記開催イベントのお申し込みホームページURL

http://www.unicon.network/reservation

7月31日 (日)

https://www.facebook.com/events/297156273950922/?ti=icl

8月6・7日(土・日)

https://www.facebook.com/events/155026764917614/?ti=icl

 

ニコンスタッフ 日高・能宗